帯域制限とは?

現在のモバイルルータは高速なデータ通信を行えるようになりました。
そのぶんデータ転送量はうなぎのぼりに。

 

Huluといったビデオ配信サービスも当たり前となった今では、一般ユーザでも帯域制限を気にする必要があります。

 

例えばHuluの場合、2時間の映画を見ると約2GBほどの通信がされます。
4G(LTE)のほとんどのキャリアで5〜7GBと制限がかかるため、Huluの映画を2〜3本観ただけで帯域制限の対象となってしまいます。

 

その中でも帯域制限が緩いのがイーモバイル
唯一、帯域制限がまったくないのがUQ WiMAXです。

 

自宅でも回線を引かず、モバイルルータを活用したいのであれば、UQ WiMAXの制限なしは魅力的です。

 

帯域制限の条件

NTT ドコモ 1ヶ月で7GBの通信を越えた場合、当月末まで最大送受信が128kbpsに制限
ソフトバンク4G 2012年10月以降、1ヶ月で5GBを越えた場合に請求月末まで送受信最大128Kbpsに制限
au 2012年9月以降、1ヶ月で5GBを越えた場合、当月末まで最大送受信128kbpsに制限
イーモバイル 24時間で366MBを越えた場合、当日21時〜翌2時まで通信速度制限あり
UQ WiMAX 帯域制限なし

検証

DoCoMoの7GBはどれくらい実用的か?
NTTドコモの場合は7GB以上の利用をすると速度制限、もしくは追加料金がかかります。
ではどれくらい使えば7GBに達するかをまとめてみました。

写真送信 2,333枚(1枚3M)
メール送信(文字のみ) 140万通
動画を視聴する(Youtubeなど) 350本(10分の動画を見た場合)
音楽をネットでダウンロードして聞く 1,400曲(1曲5M)

※DoCoMoの速度制限の開始は2012年10月以降から

 

1,400曲も聴かないし・・・と思っても、ネットは通常色々なことをするもの。
動画を見て、音楽もダウンロードして、ネットも見て、アプリもダウンロードする。

 

スマホではなくパソコンだともっとたくさんのデータ通信を行います。

 

そうなると、制限を考えてしまうのは不安ですね。
やはり使い放題で安心したいのであれば、UQ WiMAXのみしか今は選択肢がないかな、という印象です。

 

編集部がおすすめするWiMAXはコレだ!

唯一帯域制限なし!使い放題のモバイルルータ

BroadWiMAX


ホーム RSS購読 サイトマップ