今さら人に聞けないWi-Fiって?

Wi-Fiって言葉がどこにでも飛び交う時代です。

 

Wi-Fiって何?って思っても、きちんと「Wi-Fiってこういうもの」って説明できる人は少ないかもしれませんね。

 

Wi-Fiはブランド名

Wi-Fiというのは「Wireless Fidelity」の略。
「Wi-Fi Aliance」という団体によって定められた無線LANのブランド名です。

 

Wi-Fiは通信規格「IEEE802.11」を利用した機器同士で相互接続が認証されていれば、ロゴマークを製品に表示することができます。
ちなみにIEEEというのは「アイトリプルイー」と読みます。

 

IEEE802.11のこと

IEEEというのは、電気・電子分野における標準規格を定めている世界最大の学会。
パソコンでもIEEEという接続端子がありますが、あれは「IEEE1394」

 

IEEE1394もIEEEが標準化した高速ネットワークの規格。

 

この学会が標準規格を定めているというわけです。

 

この学会が定めた規格の中に「IEEE802」というシリーズがあり、これがWi-Fiの規格となっています。

 

 

Wi-Fiの規格は4つ

IEEE802シリーズは11a、11b、11g、11nの4種類。

 

それぞれ通信速度や範囲が異なるため、対応機器を選択する際は注意が必要です。

 

各IEEE802の違い

IEEE802.11b

Wi-Fiの中ではもっとも古く、通信速度は11Mbpsと遅い。
11gと同じ周波数帯を使用しているため、11b/gと併記されることもあります。
通信範囲は広く300mですが、電波干渉されることもあります。

 

IEEE802.11g

11bと同じ周波数帯を使う高速な規格。
現在もっともメジャーな規格。
通信速度は54Mbpsと速度は速いが、11bと同じく電波干渉を受けやすいためマンションでは混線しやすいデメリットがあります。

 

IEEE802.11a

11aの強みは、ほかの規格と異なる周波数帯を使用しているため、電波干渉にはめっぽう強いメリットがあります。
ただしモバイルルータでは対応機種が少なく、通信範囲も50mと極端に狭いのがデメリットです。

 

IEEE802.11n

11gと11aを高速化させたのが11n。
そのため周波数帯は2.4Ghzと5.2Ghzを切り替えて使用することができます。
通信速度は150、300、450Mbpsと機器によって違いがあります。

今さら人に聞けない!Wi-Fiってなに?関連ページ

モバイルルータの仕組み
モバイルルータについて詳しくなろう!

ホーム RSS購読 サイトマップ