キャリア選びはこうする!

キャリア選びで最初に基準とするのは何よりもエリアと通信速度。

 

自分が使いたい場所で電波が届かなかったり、通信スピードが遅くイライラするのは実用性ではありません。

 

エリアがもっとも充実しているのがUQワイマックス。
人口カバー率は全国90%以上。

 

各キャリアのエリア充実度

ワイマックス 人口カバー率全国90%
ドコモXi(クロッシィ) 主要都市カバー率24%
イーモバイルLTE 主要都市カバー率40%

 

DoCoMoのXiやイーモバイルLTEは主要都市を出るとほとんど使い物にならないのが現状。

 

ソフトバンク4Gもまだまだエリアは充実しておらず、対応エリアは不十分。

 

 

各キャリアモバイルルータのスピード

通信方式はDoCoMoとイーモバイルが【FD-LTE】という方式で4Gを展開。
ソフトバンクはウィルコムが開発し技術をベースとした【AX-GP】
ワイマックスは【モバイルWiMax】といった方式を採用。

 

各キャリアのスピードは100Mや75Mbpsという表示はされているもの、理論上の上限値です。
実際にその速度が出るとは限らず、あくまで参考目安となります。

 

どうやってキャリアを選ぶ?

今まではエリアと通信速度に料金を照らし合わせて考えれば充分でした。
ですが、4Gではwimax以外ではエリアの広さはあまり代わらず、通信速度も計測方式や条件によって大きく変わります。

 

そのため比較はあまり当てになることはありません。

 

キャリアを選ぶ基準としては、割り当てられている周波数や帯域、データ通信料に応じて速度が制限される帯域制限の上限。

 

IPアドレスやポートが重要となってきます。


ホーム RSS購読 サイトマップ