エリアの強さと安定した高速通信がウリ!

NTT Docomoが展開するドコモのモバイルルーター。

 

強みとしては、docomoの電波を利用するので、全国エリアカバー率は99%。
3G回線が繋がるところであれば、どこでも繋がります。

 

機種が2つしかないのがデメリット。
また接続料金が高いというのもdocomoのデメリットです。

 

接続エリアに関しては、主に地下で利用する、すごく田舎で利用する。
そういった使用をしなければ、docomoを選ぶメリットはあまりありません。

 

DoCoMoモバイルルターのエリアと料金プラン

Docomoのモバイルルーターの特徴は、Docomo本来が持つエリアの強さがあります。
3G回線なら人口カバー率は100%。

 

日本中どこでもつながる上に、他キャリアより早いスピードでインターネットが楽しめます。
さらに12月からサービスを開始した3.9G規格 Xi(クロッシィ)は屋外でも下り最大37.5Mbpsと非常に高速です。

 

ただ、人口カバー率はまだわずか25%。大都市でしか利用できない部分がネックです。

 

最新のモバイルルーター「BF-01D」はXi、FOMAハイスピード、公衆無線LAN、有線LANの4種類に対応しており、さらに「つながり」に安定感がある優れものです。
料金プランは6種類と条件に合わせて選びやすいです。

 

オススメは「Xiデータプランフラット にねん」。
2012年9月末までは月1050円割引で月額4935円で利用でき、お得です。

ドコモのモバイルルーター関連ページ

イーモバイルのモバイルルーター
モバイルルーターの賢い選び方
auのモバイルルータ
モバイルルーターの賢い選び方
WIMAXのモバイルルーター
モバイルルーターの賢い選び方
ソフトバンクのモバイルルーター
モバイルルーターの賢い選び方

ホーム RSS購読 サイトマップ